設計事務所

設計事務所

設計事務所は、お客様のイメージを形にするお仕事です。建物を計画することから建物完成まで全てをサポートし、完成後のサポートも行います。また、建築に関する「交渉事・手続き」なども、お客様の立場(代理)になり行ないます。

※ローンの申込みや、役所で取得して頂く書類の一部など、お客様本人でしか出来ない事がございます。

住まいが出来るまで

1.基本計画図の作成

お客様の要望や予算をお聞きし、計画図やパースという形にしてご提案致します。打合せを重ねて行き、理想の「我が家」が出来てきます。ここで家の基本となる部分が出来上がりますので、ここが一番大切な所です。大変悩む所ですが、一番楽しみな所でもあるのです。この期間中に、設計事務所との設計・監理委託契約となります。

2.実施設計

具体的な材料、水廻などの設備等を決め、工事に必要な図面を書きます。
図面を基に、工務店等に工事見積書を提出してもらい、見積書の内容を検討し1社を選定します。
金額面、内容等最終的な打合せを施工者とし、建築確認申請に必要な図面、書類を作成します。
建築確認申請の手続きも行います。

3.監理

工事に関する細かい打合せを行ないながら、設計図の通りに工事が進んでいるか、内容の間違いが無いかを監理(検査)します。この期間中、お客様が疑問に思った事、不安に思った事や、問題点を、施工者との間に入って処理していきます。

4.完成、引渡し

土木事務所や建築課の公的な完了検査の申請をし、検査に立ち会います。
施工者の自主検査、設計事務所の検査、お客様の検査等、最終検査を行ないます。
施工者からは工事写真、保証書、説明書などを、設計事務所からは監理報告書等を引き渡しの時、提出します。

5.その他

引渡しが済んだ後も、建物に不具合があれば、施工者に連絡し、手直しや、追加工事にも立ち会います。
監理させて頂いた建物は、その建物が解体されるまで、色んな面でサポートさせて頂きます。

設計・管理料

新築住宅の場合

新築住宅の場合、おおむね建設工事費の7%を基本にしています。
これは、40坪前後の住宅の場合で、建物の規模で多少前後いたします。

住宅リフォームの場合

住宅のリフォームの場合は、工事費の金額により以下のようになります。

・工事費:設計・管理料
・1000万円以上の場合:7%
・500万円前後の場合:10%
・200万円以下の場合:20%

※お読みください。
いずれの場合も、別途、消費税、申請証紙代がかかります。
設計監理料の内訳は、人件費+経費+技術料の合算で算出しています。
ご相談~計画図の第一案までは、無料とさせて頂きます。
店舗など、その他用途の場合や耐震診断等の費用は、メールにてご確認下さい。